稲田堤駅前脳神経外科内科クリニックBlog
| プラセンタについて

プラセンタについて

(2017年9月30日 13:23更新)


プラセンタとは、胎盤のこと。

胎盤は胎児の生命を維持し、成長を促す大切な働きを担っています。

 

主な薬理作用

プラセンタにはタンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル、アミノ酸等含まれており、

弱った機能や組織を修復したり不足した成分を身体が作れるよう組織を刺激すると自然治癒力が期待できます。

1.自律神経調節作用

2.免疫賦活作用

3.強肝、解毒作用

4.基礎代謝向上作用

5.内分泌調整作用

 

その他、美容、アンチエイジングにも効果あり。

1.活性酵素除去作用;過剰なメラニンの産生やコラーゲンの分解の原因になる活性酸素を              低下させます。

2.線維芽細胞増殖作用;コラーゲン、ヒアルロン酸などを作り、線維芽細胞の増殖を促します。

a.血行促進作用

b.抗炎症作用

c.抗ストレス作用

 

 

以上、多くの効能があります。

当院では、注射、内服(カプセル)、ドリンク 等 用意していります。

お気軽にご連絡ください。

お越しのおりは、丁寧にご説明いたします。

 


前へ:«
次へ: »
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る