稲田堤駅前脳神経外科内科クリニックBlog
| その他

めまい2

(2018年8月8日 13:13更新)


今回は、めまいをきたす主な疾患について、ご説明いたします。

 

1.メニエール症候群

耳鳴り、難聴と伴い、突発性の回転性めまいの発作を繰り返す疾患をメニエール病といいます。難聴は両側性のことが多いが、片側性もあります。

悪心、嘔吐を伴うこともあります。

40-50歳代に多く、女性に多い傾向にあります。

 

2.突発性難聴

突発的に難聴、耳鳴り、耳閉感で出現。半数以上にめまいを伴う。

 

3.良性発作性頭位眩暈症

特定の頭位の変化によってめまいが誘発される。耳石器に障害がある。

 

 

その他、中枢性(頭、脳血管、脳循環障害等)、自律神経失調症、等が原因のこともありますので、是非、検査をしてみてください。


 >>Blogメニューへ


めまい 1

(2018年6月28日 19:42更新)


めまいとは、自分の身体の向きがどのような状態になっているかを認識する平衡機能が障害されたときに起こる異常感覚と定義されます。

回るような感じ、ふわふわした感じ、ぐらぐらした感じ等、いろいろと表現されます。

めまいと言っても、いろいろ種類があります。

分類してみると以下のようになります。

 

めまいの分類と原因疾患

A.回転性めまい

1.内耳性めまい;メニエール病、突発性難聴、良性発作性頭位眩暈、薬物

2.中枢性めまい;

a.大脳;一過性脳虚血発作(TIA),脳腫瘍

b.脳幹、小脳;出血、梗塞、血管れんしゅく、腫瘍の圧迫

B.非回転性めまい

1.ふらつきー中枢性平衡障害ー脳幹、小脳;虚血、脳幹循環不全、起立性自律神経失調症

2.立ちくらみー失神ー脳幹網様体 上行性網様賦活系;虚血、脳幹循環不全、起立性自律失調症

 

耳からくることも、頭からくることもあります。

耳鼻科、脳神経外科を受診することをお勧めします。

次回は、より詳細にめまいの原因、主な疾患についてご説明いたします。


 >>Blogメニューへ


治る認知症(2)

(2018年4月28日 20:29更新)


 

 

前回、治る認知症として、特発性正常圧水頭症をご説明いたしました。

今回は、もう一つに慢性硬膜下血種についてご説明いたします。

主に65歳以上で頭部打撲後、約1ケ月ごろから発症すると言われております。

脳と骨の間に硬膜という膜があり、その下に血液が溜まり、脳を圧迫する病気です。

要点は

1.頭部打撲後、1-3ケ月で発症

2.頭痛、片麻痺、痴呆、意識障害が徐々に表れる。

3.CT上、硬膜下に沿った部位に、三日月型の血種がみられます。

4.高齢者は、はっきりした外傷の既往がないのに慢性硬膜下血種を起こしてくることがしばしばあります。

5.高齢者では、脳萎縮が強いため、血種による圧迫症状(意識障害、記銘力障害、不安定歩行など)が先行することが多い。

6.治療は、手術(穿頭洗浄術で血種を除去)で改善します。

 

以上、認知症だからといって諦めないでください。

まずは、CT等により検査をしてみてください。

治せる認知症かもしれませんよ。

 


 >>Blogメニューへ


アルツハイマー型認知症の初期にみられる症状

(2018年2月18日 14:13更新)


今回、認知症の中で最も多い、アルツハイマー型認知症の初期症状について、ご説明いたします。

もの忘れがあり、私って認知症?と不安になる方も、チェックしてみてください。

アルツハイマー型認知症の初期症状

1.記憶の障害;ついさっきの出来事(5-10分前に話したり、したこと)を忘れる。(昔の体験は覚えている)

a.ご飯を食べたか?

b.何を話したか?

 

2,認識、判断力の障害

A、時間に対する認識の低下

a,曜日が分からない。

b.日付が分からない。

c.時間が分らない。

B.ものごとの判断ができない。

a.新しい家電が操作できない。

 

3.生活能力の低下

A,買物

a.必要なものを必要なだけ買えない。

b.同じものばっかりかってしまう。

B,料理

a献立が考えられない、食事の用意ができない。

C,家計

a.お金の管理ができない。

4,精神的な症状

A.取り繕い

a.失敗を指摘すると必要以上に怒る。

b,ミスを隠そうとする。

B,無関心

a.趣味をしなくなる

C,うつ

a.元気がない、興味がない、落ち込む

D,妄想

a,誰かに物を盗られたと思い込む。

 

以上のような症状があると、アルツハイマー型認知症の可能性があります。

是非、一度受診して検査してください。

 

 


 >>Blogメニューへ


脳卒中(1)

(2017年11月22日 19:44更新)


今回は、脳卒中についいてご説明いたします。

1.脳卒中の種類

A.脳梗塞;

脳の血管が血の塊(血栓)によってつまり、血流が途絶えて、脳細胞が壊れてしまうもの(壊死)で、3つのタイプがあります。

a.アテローム血栓性脳梗塞;動脈硬化によって狭くなった血管が詰まる。

b.ラクナ梗塞:細い血管が詰まる。

c.心原性脳塞栓症;心臓にできた血栓が脳の血管に運ばれて詰まる。

B.一過性脳虚血発作

脳の血管が血栓によつて一時的に詰まるもので、普通は数分間から1時間以内に症状がなくなります。

C.脳出血

脳の血管が破れて出血がおこる。

D.クモ膜下出血

脳の血管にできたコブ(動脈瘤)が破れて、脳の表面(クモ膜下腔)に出血が広がります。

2.脳卒中の原因

脳卒中のの発症には、生活習慣の乱れや様々な危険因子(病気)が関連しています。危険因子の中で最も重要なのは高血圧症です。

A.生活習慣の乱れ

a.食生活の欧米化

b.運動不足

c.塩分の取り過ぎ

d,喫煙

e.(アルコールの)飲みすぎ

B.危険因子

a.高血圧症

b.糖尿病

c.脂質異常症

d.心房細動

e.メタボリックシンドローム

 

ポイントはやはり生活習慣です。

次回は、対策についてお話いたします。

 

 

 


 >>Blogメニューへ


お知らせ(H29年度インフルエンザ予防接種について)

(2017年10月2日 19:49更新)


今年度(H29年度)インフルエンザ予防についてお知らせいたします。

 

高齢者インフルエンザ予防接種

10/2(月)より実施いたします。

要予約(予約外の方も接種可能ですが、ワクチンの入手状況によります)

 

一般インフルエンザ予防接種

10/23(月)より実施いたします。

予約の方 優先とさせていただきます。

予約外の方も接種可能ですが、ワクチンの入手状況によります。

 

料金 昨年と同じです。

1回目 3300円

2回目 3000円(当院で1回目接種した方)

 

 

 


 >>Blogメニューへ


物忘れ(加齢と認知症の比較)

(2017年9月17日 14:39更新)


今回は、物忘れについてお話ししたいと思います。

物忘れが続いて、認知症になったのではと、心配される方も多いと思います。

実は、①加齢に伴う物忘れと、②認知症による物忘れには違いがあります。

それぞれについて特徴をあげたいと思います。

 

①加齢にともなう物忘れ

 

a.体験の一部分を忘れる。

b.記憶障害のみがみれれる。

c.もの忘れを自覚している。

d.探し物を努力して見つけようとする。

e.見当識障害は見られない。

f.取り繕いはみられない。

g.日常生活に支障がない。

h.きわめて徐々にしか進行しない。

②認知症の物忘れ

 

a.全体に忘れる。

b.記憶障害に加えて判断の障害、実行障害がある。

c.もの忘れの自覚に乏しい。

d.探しものを誰かが盗ったということがある。

e.見当識障害がみられる。

f.しばしば取り繕いがみられる。

g.日常生活に支障をきたす。

h.進行性である。

 

以上は、おおざっぱな比較です。

もの忘れで心配でしたら、当院等の医療機関への受診をお勧めいたします。

 


 >>Blogメニューへ


熱中症

(2017年7月20日 13:35更新)


7月は熱中症予防月間です。

熱中症についてご説明いたします。

熱中症とは、暑さによって生じる症状の総称をいいます。

1)引き起こされる誘因

1.環境;気温、湿度

2.体;高齢者、乳幼児、持病のあるかた

3.行動;激しい運動や屋外での長時間の作業など

2)症状と重症度

Ⅰ度;めまい、失神、筋肉痛.筋肉の硬直

Ⅱ度;頭痛、嘔気.嘔、倦怠感、虚脱感

Ⅲ度;意識障害、けいれん、手足の運動障害、高体温、臓器障害など

3)対処方法

Ⅰ度;日陰や涼しい場所に移動し、首、脇などの、太い血管に近い場所を冷やす。

水分補給;経口補水液または食塩水(水1Lに食塩1-2g)、水に梅干しまたは塩飴

Ⅱ度;水分補給または病院で点滴を。

Ⅲ度;意識障害があれば、救急搬送を。

熱中症にならないように、暑さ対策とこまめな水分補給を心がけてください。

 


 >>Blogメニューへ


プラセンタについて

(2016年9月30日 13:23更新)


プラセンタとは、胎盤のこと。

胎盤は胎児の生命を維持し、成長を促す大切な働きを担っています。

 

主な薬理作用

プラセンタにはタンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル、アミノ酸等含まれており、

弱った機能や組織を修復したり不足した成分を身体が作れるよう組織を刺激すると自然治癒力が期待できます。

1.自律神経調節作用

2.免疫賦活作用

3.強肝、解毒作用

4.基礎代謝向上作用

5.内分泌調整作用

 

その他の効果も期待できます。

 

1.活性酵素除去作用;過剰なメラニンの産生やコラーゲンの分解の原因になる活性酸素を              低下させます。

2.線維芽細胞増殖作用;コラーゲン、ヒアルロン酸などを作り、線維芽細胞の増殖を促します。

a.血行促進作用

b.抗炎症作用

c.抗ストレス作用

 

 

以上、多くの効能があります。

当院では、注射、内服(カプセル)、ドリンク 等 用意していります。

お気軽にご連絡ください。

お越しのおりは、丁寧にご説明いたします。

 


 >>Blogメニューへ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る